ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

歌る多師の圧巻の持参金

池袋演芸場の下席(昼の部)です。

小はぜが牛ほめ。

花ごめさんは初天神。無邪気な感じで充実しています。

寿昇進の天歌さんは寿限無社長。徐々に正体が現れていくのが楽しみです。

きく姫師は動物園。このほのぼの感は癒しあるいは安らぎです。

遊平かほりさん。

菊千代師は権助魚。こうしたベテランの可愛らしさに、下手な色気に以上に弱いんです。

玉の輔師はマキシムド呑兵衛。笑いをとる調子が入っているので強く、身をゆだねるしかありません。

粋歌さんはわんわ~ん。奇想天外なのにあるあるなんで活きます。風刺にしないのがいいところです。

小燕枝師は強情灸。ググッと呑み込んでいたらものすごく力強い、極上の一席でした。

松旭斎美智&美登さん。

歌る多師は持参金。並の女流では演じきれない‘場’の存在感がハンパないです。めっちゃパワフルです。

この下席は女流の充実ぶりを思いっきり堪能させていただきました。