ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

市楽さん 本格的な大工調べ

今日は研精会の昼席です。

市助がたらちねを朝飯まで。

こみちさんは真田小僧六文銭まで。生意気具合が(ハジけてなくて)ちょうどいい感じです。

好調の志ん吉さんは水屋の富。悪夢が効いてました。緩急と押し引きの振れ幅を大きくしても着地します。

昇々さんは自作の部長の娘。あるあるが満載の快演です。ブタ子に表れる演者の女性観がナイスです。

市楽さんは大工調べを白州まで。啖呵が駆けちゃうのは若手ならでは。全体はかなり本格派の風情でまとめました。