ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

文楽師の男が怪しい鰻の幇間

今日は国立演芸場夜の部です。

辰のこが子ほめ。

鏡太さんは近日息子。いつになく手堅い感じで生真面目さがおもしろい息子でした。

左龍師は鷺とり。しぐさや声音に愛嬌があって、リラックスして楽しめました。

とんぼまさみさん。

扇辰師は紋三郎稲荷。初見です。旅の風情にのせて、狐信仰の怪しさを巧みに醸し出す逸品です。

小袁治師は寝床。大旦那の感情の起伏を描きながらも、場はどこかのどかな空気が漂っています。

花島世津子さんは紐の手品でした。

世之介師は星野屋。終いの場が三すくみの拮抗したしたたかさで、後味よく仕上げてくれました。

紫文さん。

文楽師は鰻の幇間。浴衣の旦那に妙に貫禄があって怪しいのがおもしろいです。一八さん気がつかないのでハラハラします。