ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

志ん輔師の幾代餅は機内必聴

今日はJAL名人会です。僕の好みの顔付けです。

寿二ツ目昇進の緑太が弥次郎。

たけ平さんは金色夜叉。一門の本領を発揮しました。客席を明るくする得意の地噺です。

王楽師はパパずれてるぅ。ほのぼの愉快な自作です。堅くなりがちなJAL名人会では、逆にいつもよりウケています。

鯉昇師は二番煎じ。絶品のフラが円熟味を増してたまりません。もちろん無駄なく磨き上げた描写にため息も出ます。

カントリーズさん。

志ん輔師は幾代餅。さりげない‘色気’と‘意気’と‘愛嬌’にほぐされます。間違いなく“いちばん気持ちのいい”幾代餅です。志ん朝師匠の高座まで浮かんできました。

この月にJALに乗ったらラッキーです。