ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

市弥さんのさわやかな明烏

今日は福袋演芸場です。

ろべえさんは長屋の算術。師匠ゆずりの珍しい噺です。骨太でやわらかな抜け感を継承しています。

正太郎さんは目黒のさんま。プシュプシューとさんまの焼けるコミカルなしぐさが子どもたちにもウケました。

一左さんは締め込み。そこです! 笑える緩急の調子になってきました。

一弥さんは明烏。若旦那の時次郎が演者のキャラクターにぴったりです。そのうえ憎らしいほど爽やかです。