ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

遊喜師の徂徠豆腐にくつろぐ

休日は寄席がいいですね。のんびり広小路亭定席です。

みのりが狼退治。

遊馬師は花筏。(吉好さんと替えた)サラ口で出会うと、ものすごく上等です。格が違います。

桃之助さんは干物箱。強張らずに演って細部を手抜かない‘やわらかもの’の上質さです。

国分健二さん。今のところ気分上々です。

鯉橋師はかぼちゃ屋。市井の町人がシャキッと小気味いい師匠です。軽い噺もいいですね。

慎太郎師はちりとてちん。(お後が抜けた騒ぎを)手堅く埋めてくれました。

円輔師は三枚起請。(時間が延びてありがたい)じっくり熟成した、これぞビンテージに出会えました。

笑松さんは桃太郎。クイツキとして‘のどかに演って’客席を落ち着かせて、出塁しました。

八重子+1さん。

吉好さんは宗論。いつくしみ深き~♪ってか、古典では‘のび太’風のメガネにしたらもっといいかも。

金遊師は旅行日記。じっくり完全版を観たのは右紋師匠以来だなぁと、金遊師の語りもあってしみじみ。

東京ボーイズさん。お元気で~。

遊喜師は徂徠豆腐。人情味も気風もいい、女房の妄想も効いています。気持ちよくくつろぎました。