ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

やまと師の阿武松がよかった

今日は四の日昼席です。

馬石師は強情灸。熱さをこらえる様子や間合いが凝っていて、エキセントリックさにためいきが出ます。

駒次さんはガールトーク。スタジオ4にふさわしいタイトルです。あるあるの陰口が面白い噺です。

やまと師は阿武松。語りの人情味と活写する表情を大切にして練られています。お見事。

一左さんは悋気の独楽。小憎らしい定吉はいいので、こんどは「周囲に深みを出した版」を観たいです。

左橋師は幾代餅。何度観ても、押し引きと緩急の(f分の1の)ゆらぎが気持ちよくって安らぎます。