ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

雲水師の抱腹絶倒の口入屋

二か月ぶりに立川流日暮里寄席です。

新弟子の志ら門が狸札。

幸之進さんは岸柳島。槍を若侍にして船頭が機転を利かす改修が大成功です。僕もウレシイな。

志のぽんさんは権助提灯。ひょっとした持ち味で軽妙に演じていながら、かなり計算して(練って)います。

祝復帰!ぜん馬師は鹿政談。闘病直前の日暮里寄席で演じられたとのことで、ファンが集まっていました。

談修師はだくだく。JAL名人会以来、真面目な感じでつかんで、機をてらわない作戦でウケています。

らく次さんは牛ほめ。ホッと癒されていくような、不思議に大きな与太郎がとてもいいです。

談幸師はそば清。ここはヒザってことで、いつもよりグッと剽軽に演じていただきました。

雲水師は抱腹絶倒の口入屋。(引越の夢と違い)船場の商家の感じがたっぷり。上方はこう派手に演ってほしいです。

(ぼうふらが鉄砲水に合ったような、エビが税金を納めに行くようなっていう注釈が気になって仕方ありません)