ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

志ん八さんの軽快な寄合酒

今日はほくとびあ亭です。ほぼ新作対決?みたいな顔付けでしたが......

竹のこが平林。

羽光さんはちりとてちん。上方らしい‘謀りごと感’があってたっぷり笑えます。

好の助さんは蛙茶番。三遊亭のかたちを堂々と演じながら、自然に笑わせます。どう化けるか楽しみな実力派です。

鯉八さんは牛ほめ。かなり独特のムードづくりが安定してきました。そろそろ(リズム落語にあやかって)‘ムード落語’と呼びたいです。

志ん八さんは寄合酒をたっぷり‘ん廻し’まで。軽快なリズム感のある巧みな編集で、理屈抜きにリラックスして楽しみました。