ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

宮治さんが腕を上げて妾馬

今日は研精会です。

なな子がやかん。

昇々さんは湯屋番。研精会の客席に合わせて、いい感じにはじけました。

正太郎さんは権助魚。何気ないさりげないクスグリが巧みで、効いています。

志ん吉さんは紙入れ。ちょいとシンさんいいじゃないかさって言いたいくらいの十八番です。

市楽さんは持参金。この噺をカラッと仕上げたのは実力がついている証しでしょう。お見事です。

宮治さんは妾馬。迫力があり、笑いもたっぷりで、情感も十分です。ちゃんと腕を上げてました。(ちょっとお目録を言い過ぎなんだけど....)