ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

雲水師で算段の平兵衛を観た

今日は立川流広小路寄席です。

笑笑が子ほめ。いろいろ探っているのが見えちゃうのはどうかな。

志ら松がたらちね。緊張か芸風か。一門の中では固めです。

志の彦さんは元犬。ほのぼのとした日なたのキャラが少しずつ開花しつつあります。

志のぽんさんは粗忽長屋。ラブリーでキュートでキッチュなキャラに安定感がのってきてます。

このところ志の輔一門が個性的に開花していて楽しいです。

錦魚さんはお菊の皿。笑いよく調子よくまとめました。

キウイ師はおなじみ真打への道。もう(スーパーサブならぬ)スーパーヒザと呼びたいほど上等です。

談幸師は青菜。客席のいい波動を巧みにとらえて、思いっきり楽しく演じていただきました。

お仲入り。後半はもう一気にほんわかリラックスムードの客席でした。

らく里さんは味よく権助魚。

幸之進さんは味噌よく寄合酒。

志遊師はおおらかに四人癖。

談修師はしっかりがまの油。

雲水師は算段の平兵衛。この噺をはじめてナマで観ました。ワルなのに憎めない(その具合が難しい)不思議な魅力の噺です。