ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

楽生師の鮮やかな浜野矩随

今日は両国寄席です。

こうもりが寄合酒。これがこうもり最後の高座で、晴れてとむになります。おめでとう!

鯛好さんは家見舞。

幸之進さんはかぼちゃ屋。よくまとまってます。

萬窓師は厩火事

小円楽師は手紙無筆。力で押し切る感じです。

王楽師はお菊の皿。明るく楽しくクリアに演る、老成しない青春の落語を支持してます。

お盆ということで、五代目円楽師を偲ぶ日本香道の毎日香CMの上映がありました。どれもしみじみ懐かしいです。

とん楽師は鼻ほしい。梅毒を使わないかたちを知りました。

花仙さんの江戸太神楽。

楽生師は浜野矩随。若狭屋を熟年のわけ識りにせず、気風がキリッと冴えた(政五郎風の)人格にして、その軸に母の想いと矩随の想いを実らせた好演です。