ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

喬之進さんの母恋くらげ!

一門二ツ目が集合するさん喬の弟子を聴く会です。

さん若さんは代脈。省略されやすい駕籠のところの雰囲気ががなかなかいい感じです。

小んぶさんは臆病源兵衛。大きな体で怖がると独特の迫力があって、とてもおもしろくなってます。

寿・さん弥さんは青菜。ぬぅっと入り込んでいく持ち味を効かせた快演です。

小太郎さんは馬のす。枝豆が旨そうで喰いたくなりました。それでいいんです。

喬の字さんは紙入れ。時間が押しているのでヒザとしてさらりと演じました。

寿・喬之進さんは母恋くらげ。古典もこんな新作も、なんでも達者にこなす器用な方です。やっぱり喬太郎師ゆずりのタコの振りが最高ですね。