ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

吉弥師のはてなの茶碗を堪能

今日はJAL名人会。

駒松が酒の粕から穴子でからぬけ。いい感じで余裕たっぷりなんです。

朝夢さんはちりとてちん。噺は丁寧に大事に進めて、表情はフルスロットルで、気がつけば客席が応援していました。

歌奴師は佐野山。大きく磐石の構えで、カラッと晴れた芸風を活かして、まさに好演です。

吉弥師ははてなの茶碗。茶金さんに大どこのふところがあり、お金を受けとるまでの妙技など、上方ならではの間合いを堪能しました。

サンドウィッチマンさん。すべったときに繰り出す小技が絶品です。

小ゑん師はレプリカント。久しぶりです。ほどよく熟成した、これぞ
青春の落語でした。