ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

市馬新会長の懐の深い阿武松

今日は国立演芸場中席は夜の部です。

市助が出来心。

市楽さんはほのぼのと松山鏡。

小せん師はやさしくあくび指南。

小猫さん。野生動物って面白いな。

小のぶ師は火焔太鼓。じつは初めてお目にかかります。語りもさることながら、身体の動きがダイナミックで闊達そのものなのに感服いたしました。

小里ん師はお茶汲み。クールな廓の駆け引きを味わう運びが新鮮です。底流にある乾いたニヒル感にじわりと痺れます。

円十郎師はちりとてちん。アツく、蒸し暑く、分厚くいきました。

玉の輔師は悋気の独楽。軽く運びながら客席をみて上手くまとめます。

小菊さん。

市馬師は阿武松。包容力のあるふところの深い語りです。新会長だなぁ。