ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

志ら乃師の人情八百屋に納得

今日は立川流夜席です。

らくぼが花色木綿。

笑二さんは元犬。乞食がいる自然な改作感がいいです。二ツ目の楽しみなスタートです。

志らべさんは青菜。

里う馬師は浮世床の本。こういうベテランはこういう噺でどこまでも魅せてくれます。

志遊師は三人旅半ば箱根の馬子。持ち味のほのぼのムードに安らぎます。馬子が得意技なんです。

志ら乃師は人情八百屋。家元の高座がぐんと懐かしくなるほどいい出来です。というわけでまだまだ(チラシのセリフの)ピークじゃないです。