ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

風子さんの粗忽長屋が面白い

今日は広小路亭定席。やっぱり休日は寄席です。

鯉毛が桃太郎。くま八さんは雑俳。

鯉斗さんは荒茶。サラ口に荒茶って無欲恬淡。

健二郎さんの太神楽。そくい付けを堪能します。

鯉太師の笠碁。いいね! 柳派の重厚な笠碁の世の中で、とってもカジュアルな意欲作です(天どん師のあの7分の芝浜のような脱構築です)。

小円右師は鮑のし。軽妙かつ飄々とした実力者ならではの一席です。

扇鶴さんの俗曲。

栄馬師はたがや。もちろん風格も厚みも十分です。それをこの至近距離で観ています。

お仲入り。

風子さんは粗忽長屋。イリュージョンを逆手にとった運びが独特でじつに面白い。観たほうがいいよ、「ウチの人が2人」なんだもの。

マグナム小林さん。

遊之介師はがまの油。わかりやすく無理なく運んでくれました。

楽輔師はちりとてちん。ベテランの味と呼ぶほどには枯れていない加減です。

ここあさんの奇術。ステファニーって軍団だったんですね。

夢花師は抜け雀。力強く要所を引き締めてます。