ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

談四楼師の染みるぼんぼん唄

今日は立川流日暮里寄席です。

寸志がのめる。明朗快活に、前座の役割を力一杯果たしている。中高年として応援しています。

らく次さんは黄金の大黒。クセがなくて聴きやすいです。

談奈さんは権兵衛狸。ほのぼのとした田舎の感じと色白の優男ぶりが面白い組み合わせです。

談之助師は上納金残酷物語。

左談次師は道具屋。仲入りで気合い入っていました。次々にフラが炸裂してまさに抱腹絶倒です。

錦魚さんはお菊の皿。丁寧にマイルドに進めてくれました。

キウイ師は反対俥。円蔵師の言葉を掲げて、思いっきり高くバンバン跳ねてくれました。

談四楼師はぼんぼん唄。心に染みる語りです。演じる人が少ないのは、この味が出せないからでしょう。