ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

芸達者な竹三さんの軽業

今日は二ツ目勉強会です。

初々しいかん橋が寿限無

場馴れしたたか治が転失気。

真紅さんは黄門漫遊記。

昇々さんは壺算。いつもの感じだとわかっていても、悶絶し絶叫する店主に爆笑しちゃうんです。

陽・昇さんの漫才。

助六師はシブく相撲風景。

小痴楽さんは宮戸川。若い人たちにウケるはずだよ。江戸の旋風が艶っぽくグルーヴしてるゼ。

紙切りの花さん。

竹三さんは東の旅から軽業。いかにも上方という鳴り物入りの賑やかな噺を堪能しました。どこから来たのか若いのに所作までえらく達者です。