ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

喬の字さんの意欲的なちはや

黒門亭は光る二ツ目の会です。

しあわせが転失気。

喬の字さんはくるくるカジュアルなちはやふる。鳴り物入りでサゲに前座も使って意欲的です。こうした試みはいいんじゃないかな。

小んぶさんは厩火事。旦那とお崎のキャラが合うかなってはじまって~、亭主がそれなりに合ってて、そんで尻上がりによくなりました。

ろべえさんはお見立て。さぐりさぐりの中での笑いのつかみかたがやはり師匠に似てきてます。

三木男さんは火焔太鼓。すっきり無難にまとめています。期待してます。