ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

夢太朗師のそのまんま寝床

今日は国立演芸場の夜の部です。

昇吾がゆるく牛ほめ。

竹三さんは手紙無筆。

山口君と竹田君。

円馬師は青菜。自然体で体幹の丈夫な語りで仕立てられています。

扇鶴さんの音曲、めっちゃ癒されます。

楽輔師は火焔太鼓。ポンッポンッと駆け抜けてくれました。

全楽師は円楽党の精鋭の一人です。まず演目選びに納得し、力まない流石の猿後家が見事でした。

竹丸師は幕末男伝。ここでこの調子も安心です。

京太ゆめ子さん。何度も観ていても‘ゆらぎ’を味わえます。

夢太朗師は寝床。いきなり大旦那が‘そのまんま’です。憎めないリアルなキャラに脱帽です。