ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

左談次師の妾馬でご機嫌

今日は立川流夜席です。

寸志が狸札。思いっきり明るく演ってくれていて、梅雨の憂さが晴れるようです。

志奄さんは権助魚。ところどころ慎重に(A型ですか)試していて、ところどころ面白くなっています。

吉幸さんは家見舞い。キレよく調子よくつなげていきます。

キウイ師は子ほめ。前座噺を‘あえて’フルスイングで演るって‘ある’と思います。

雲水師は手紙無筆。どことなく荒っぽいミナミの風、気どらない喋りが素敵です。

左談次師は得意の妾馬。持ち前のフラのベースに江戸っ子のべらんめがノッかって素敵です。