ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

喬の字さんが要領よく寝床

今日は二ツ目勉強会です。

駒松が子ほめ。ぐっと落ち着いてバリエーションを出してました。

日るねさんは権助魚。そそっかしいハイカラさんみたいな、女性ならではの明るさのある高座です。

鬼〆さんは粗忽長屋。落ち着きのない持ち味のまんまで、落語愛があって愉快なのでいいんです。

右太楼さんは転宅。泥棒も義太夫の師匠もまだまだ変わる余地があって、どことなく可笑しいんです。

市弥さんは夢の酒。好青年風のキャラでリアルにクリアに演じられると、この噺でも青春です。

喬の字さんは寝床。噺の要処をもらさず心得て、力まずに“間をテコに”笑いをとる要領を身につけてます。