ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

福袋演芸場は新作で大入り

福袋演芸場は“こどものしんさく”は大入りです。奇しくも?‘ほぼTEN’の世代ですね。

粋歌さんは彦いち作の保母さんの逆襲。切羽つまった場面だからこそ持ち前のほのぼの感が活きています。

駒次さんはさよならヤンキー。丁寧に調整されているからか、何度も観てるんだけど笑っちゃいます。

志ん八さんはご当地ロック。ハズシ具合OK。ビミョーな感じにニヤつくよりも、ベタなお約束感を愛したい。

こみちさんは白鳥作の鉄火のお千代。芝居の喧嘩がイイので、ここでも啖呵も見得もグッドです。