ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

実力者が揃った四の日寄席

四の日寄席はイヴでも大入りです。この順番はピタッと予想の逆でした。

やまと師は豆屋。豆屋と二人の男たちの表情とタメが効いて存在感が十分です。しっかりランクアップしています。

左橋師はお菊の皿。まず多彩な表情に驚きました。しかも微妙にグルーヴさせています。たまらず爆笑です。

文菊師は千早ふる。小憎らしいほど巧みな話芸に加えて浪曲も唸ります。イヨッ、芸達者!

馬石師は鮑のし。甚平衛さんの人柄を感じさせる口上や啖呵のさりげない工夫が素敵です。

駒次さんは新しい朝が来た。荒唐無稽でもペーソスのある安心の駒次流です。それにしても正しいラジオ体操(第二の二番目)をやりたくなりました。