ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

正太郎さんが愛宕山を熱演

稲葉忌の夜の部の研精会です。

市助が弥次郎。

こみちさんは悋気の独楽。妬いていて愛嬌のにじむ女将さんは、こみちさんならではの充実ぶりです。

市楽さんは孝行糖。会長の筆頭弟子ってことでこのところ気合い十分。力強い売り声がナイスです。

昇々さんは鈴ヶ森。とても面白いです。口うつしとかタケノコのあたり、もしや文治師ゆずりですか?

志ん吉さんは道潅。前座の模範演技にしたいほど面白いです。こういう噺をもっと観たいな。

初トリの正太郎さんは愛宕山を熱演。無事を祈っていたら、しまいには必死に生きる一八を思わず応援してました。