ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

扇遊師の見事な三井の大黒

昼は両国亭のはっぴい落語会です。時蔵師匠が長年尽力なさってきた会で、今回が最終回なんですね。今や一番油のノッた師匠方の会になったんですね。

一力が牛ほめ。

時蔵師は武助馬。自然体のマイルドな語りが心地よい、演者の人柄をぐっと感じる一席です。

馬生師は十八番のそば清。ど~もっでキラリと輝く瞳だけで魅了されちゃいます。

龍志師は崇徳院。持ち前の江戸っ調子にいい塩梅に愛嬌が振られて目を離せない巧演です。

扇遊師は三井の大黒。政五郎の江戸の棟梁ぶりと甚五郎の大らかな器のコントラスト。その具合が見事です。