ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

福袋は昭和生まれが炸裂

今日はまず福袋演芸場からです。

市楽さんは四段目。会長の一番弟子の気概からか、さらに芝居に磨きがかかってました。

馬治さんは代書屋。嫌味にならない(代書屋が変わっていく)達者な描写に、じわりじわり笑えます。

朝也さんは短命。あたしだって女だよってぇ女房のセリフがピリッと効いてます。

小太郎さんはあたま山。こんな面白いヒトほっとけないって、小太郎さんを呼びたいほどです。

一蔵さんは棒鱈。トラ兄ぃがとにかくクレイジーケンバンドのノリでカッコいい。全体的には当代文治11の方向にイッちゃってるような気がします。