ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

馬生師の佃祭に心底シビれた

今夜は冷たい雨ん中、地元サンパール荒川でいきいき寄席です。

駒松が酒の粕から穴子でからぬけ。

馬吉さんは紙入れ。タメが効いてグンとよくなってます。ことに女将さんが巧みです。

菊春師は時そば。今日も客席へのサービス精神たっぷりの師匠です。

東京ガールズさんは道成寺でキリッと〆ました。

馬生師は佃祭。ふわっと地口の真綿に包まれてすっと入ります。気がつくとその場にいるような、名人と呼びたい上質な語りです。

エンディングに演者お三方揃いのカッポレも披露して盛り上げてくれました。