ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

立川流の今夜は好調!

立川流夜席です。今日は客席もいい感じで、みなさん快調でした!

笑笑が狸札。細かく企んでますから、いつか地力がつけば花咲くはず。しょんべんでもいいみたいで、よかったね。

こはるさんは道潅。もたつかずポンポ~ンと小気味よく仕上げる手腕は、さすが談春師匠の弟子です。

志奄さんは千早ふる。入れ事が次々にキマって弾みがつきました。大喜利の才能に自信を持って演ればできる人です。

志ら乃師は反対俥。速い男をいきなり出したり、お代を取り忘れたりする使い方は、ただ速い遅いの対比を超えた構成力で、感心しました。

左談次師は町内の若い衆。お客さんも温まってますから、フラの炸裂にどわっとしびれます。

龍志師は百川。ほんわかしてきたのは、百兵衛さんよりも、江戸弁のリズムや間がとても心地よいからでした。