ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

夢吉さんこそ蛙の子だね

今日は研精会です。

市助が一目上がり。

遊一さんは親子酒。親父は酔っぱらっても風格があっていい感じです。息子にはいろいろな工夫の余地がありそうで楽しみです。

新メンバー正太郎さんは湯屋番。いきなり女房がでかすぎて、どうなることかとハラハラしましたが、気がつけば客席は笑いの渦でした。やるね!

こみちさんはすらっと崇徳院

小辰さんは丁寧に長屋の花見。私の好きな羅宇屋の多助さんの葬式の回想をちゃんと入れてくれました。

夢吉さんは夢丸新江戸噺より本田久作の蛙の子。笑わせてほろっとさせる師匠ゆずりの語り、夢吉さんこそ蛙の子だってことです!