ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

橘ノ圓師のシブい殿様団子

今日は上野広小路亭定席です。

今いちが動物園。大胆にはっきり演じて好印象です。

音助がつる。かなり演り込んでいて安心です。

昇也さんは軽快に饅頭怖い。眼鏡のほうがニヤ気が抑えられて締まった印象です。

和光さんは荒茶。一門でよく演じる噺ですね。

一矢さんの甚句はかえるでした。

愛橋師は桃太郎からかっぽれ。ひょうきんさにイヤ味がなくなって、まさに愛嬌です。

昇之進師は改名騒動。芸協らしい珍しい噺です。

コントD51さん。

橘ノ圓師は殿様団子。金語楼ゆずりといういぶし銀の語りです。

お仲入り。

あっぷるさんは腕白竹千代。元気に爽やかに演じました。

Wモアモアさん。ベテランの余裕たっぷりです。

遊之介師は長短。イライラしない程度のいい感じです。

楽輔師は長屋の花見。おなじみの熟れた(枯れる前の)口演がたまりません。

太神楽の正二郎さん。

柳之助師は十八番の井戸の茶碗。厚みが増してる気がします。

やっぱり休日はボーっと定席がくつろぎますね。