ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

駿菊師と我太楼師の熱い梅田

今日は地元の梅田寄席です。あいにくの天気のせいで、男女5人づつでツバナレした、やや寂しい入りです。

駿菊師の一席目はおひがんとおすがん。復興支援に通われている南三陸(遠野のように民話の多いことで知られるとか)の民話から作ったとのことです。これからも楽しみな珍しい題材です。

二席目は弥次郎。理屈抜きに無邪気に笑えます。

我太楼師の一席目は強情灸。ダイナミックな動作と声に自然に笑ってしまいます。

続けて二席目は縁起のよいざる屋。これも調子よくハネ上げます。大きな噺家さんの大らかな熱演にほっこり温かくなりました。