ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

鳳楽師の百川は老舗の風格

今日は両国寄席です。

らっ好がつる。

鳳笑さんは桃太郎。

円左衛門師はたらちね。

竜楽師は手紙無筆。言葉がぐっと力強く、ダレずにキレよく響いて、心地よいです。国際経験で磨かれたものでしょうか。

燕路師は長屋の花見。枯れたような声がいいんですねぇ。じつに味のある語りに仕上がってます。

小円楽師は錦の袈裟。与太郎を堂々とおおらかに演じて素敵です。小細工しない、器の大きさを感じた一席でした。

栄楽師は軽妙に半分垢。

菊仙さんの太神楽。

鳳楽師は百川。師匠のキャラは大店の主がぴったりですが、噺の全体に老舗の風格がまぶされていて上質です。