ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

好楽師の浜野がずしんときた

今日はしのばず寄席でした。晦日なので満席です。

笑二が道具屋。すっかり手中にした噺を愛嬌たっぷりに演じてくれました。

雷太さんは岸柳島。芸協二ツ目のリーダー格らしく力強く演じてくださいました。

王楽師は厩火事。気配りのできる若旦那らしく優しく丁寧に演じていただきました。

すっぽん大学さんははじめて観ました中国四千年。

好楽師は浜野矩随。師匠ならではの若狹屋の張らない語りに、ずしんと胸を打たれました。

松鯉師は天保六花撰の河内山宗俊より丸利の強請。わかっていても悪の凄みの迫力にシビれました。

ハラハラしちゃう国分健二さんは、本日は客席もよく、好調でいらっしゃいました。

里う馬師は百川。百兵衛さんの困ったような困っていないような顔が何ともいえずチャーミングなんですよね。