ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

柳と林と菊の福袋演芸場は春

福袋演芸場は柳と林と菊です。

遊一さんは親子酒。息子の登場シーンで、酔ってないように見せようと踏ん張ってから崩れるところは、好みが分かれそうですね。

ちよりんさんは饅頭怖い。ほのぼのとした持ち味に、テンポも流れもある好調子で、美味しいお饅頭でした。

花いちさんは粗忽の釘花緑一門ならではの、入れ事満載の楽しい仕立てでした。

彦丸さんは珍しい伽羅の下駄。とにかく師匠ゆずりの語りと落ち着いた運びがカッコイイ噺家さんです。

喬の字さんは宿屋の仇討。朝に弱い喬の字さんですが、入れ事の工夫も効いて、全体にメリハリがあって冴えてました。

演者の方々(流派)の個性の出た、いい企画でした。