ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

雲水師のソウルフルな高津の富

今日は日暮里で雲水師匠の独演会です。

二ツ目昇進の志の彦が元犬。真面目そうな好青年です。

雲水師の一席目は高津の富。見どころの多い噺で、中でも松ちゃんの妄想が面白い、爽快な熱演でした。

二席目は日和ちがい。商人の町大阪らしい珍しい噺に惹かれます。米俵にさんだらぼっちでお代をとられるってのが面白い。

師匠の上方落語は河内(八尾?)のソウルを感じる語りで気に入ってます。