ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

羽光さんの楽しいはてなの茶碗

日暮里で若手噺家競演です。

笑笑が饅頭怖い。あどけない兄ちゃんが、これからどう化けてくれるのか楽しみです。

羽光さんは落語の予告編をマクラに関西人のはらわた。関西人の特徴を旦那様の怨霊でウケる、何気ない軽さが洒落てます。

吉笑さんの一席目は舌打たず。コンテンポラリーな切り口はブレてません。これぞ立川流っていう異才ですね。

休憩です。

吉笑さんの二席目はぞおん。関西弁が効いてます。お客さんは狐につままれたよう。僕はしばらくゾーンに入りました。

トリは羽光さんではてなの茶碗。ふところの広さを感じます。油屋さんの喜怒哀楽を愉快に描いてくれました。