ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

小辰さん 渾身の御神酒徳利

今日は研精会です。

市助が狸札。

龍馬師はざる屋。さすがの正調(褌はともかく)です。ざるをはたくところまで丁寧で、うれしくなります。

遊一さんは転失気。珍念が明るく軽快に動き回って、無条件に楽しめます。

宮治さんは大工調べ。ファンキーな与太郎が炸裂して爆笑しちゃいます。棟梁の言い立てにも、まだまだいろいろ仕込める演者です。

市楽さんは四段目。芝居っぷりにキレが出てきて、台詞が冴えてます。

トリは小辰さんの御神酒徳利。45分間どこもダレずに惹きつけました。演じ分けもお見事です。若くしてブレもハリもなくまとめています。ますます目が離せません。