ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

小遊三師のたまらん替り目

国立演芸場上席夜の部です。一週間ぶりの落語です。

遊かりが一目上がり。

遊里さんはたらちね。元気よくっていいです。

ナイツさんは、新しい型をいろいろ試しているようで、楽しみです。

歌蔵師は代書屋。持ち味を活かした達者なベランメが繰り出されました。

新山真理さんは(とても仲居さんには見えませんが)刑務所の血液型は鉄板ですね。

楽輔師は宮戸川の序。お花半七よりもおじさんばあさん夫婦が愉快な仕立てで、ぐっと和みます。

マジックジェミーさんは、アシスタントにひろみさんです。仕掛けに気合いが入ってました。

鯉鏡師は時そば。小粋に演じる先の男がよく効いてまして、後の男の蕎麦はそう不味くなくてもいいかも。

太神楽の味千代さん。毬とバチが決まりました。

小遊三副会長は替り目。もちろん、四六始終、老若男女、大技小技、もれなく笑っちゃいました。