ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

才紫さん キリッと二番煎じ

今日は池袋演芸場で落協の二ツ目勉強会です。

ございますが寿限無。もう十分に力があります。

時松さんは粗忽の釘。夫婦のなれそめをふくらませた工夫が洒落てます。釘の出ているところは難だけれど。

一蔵さんは転宅。でっかいなぁ。これからどうなるのかわからない。

ぼたんさんは御神酒徳利。一歩一歩踏みしめるような丁寧な語りがいいねぇ。女流ならではかもしれません。

喬の字さんは蜘蛛駕籠。茶屋の親父ではアイドリング状態、あら熊さんがぐっと好調でした。ありゃさのこりゃさの進化が楽しみです。

これが卒業の才紫さんは二番煎じ。❛やまと❜にふさわしい巧みな演じ分けでした。お侍が二枚目の顔になって、キリッと締めたのが素敵です。