ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

左談次師の五人廻しの名調子

今日は立川流夜席です。

志ら鈴が道具屋。

春吾さんはいわしの墓。粗忽噺でもないのね。すっきりしない残尿感があります。

こはるさんは一目上がり。正月らしく景気よく、威勢よく空気を変えてくれました。

龍志師は真田小僧。しかもフル。しっぽの六連銭まで餡子がつまった美味しいたい焼きです。

談慶師は饅頭怖い。細かいクスグリというか、工夫が楽しい。熱いお茶が怖いで初めて笑えました。

左談次師は五人廻し。師匠の持ち味をぐっと出した快演です。もう笑いっぱなしでした。