ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

志の春さんのだいじなもの

ほくとぴあ亭

竹のこが二人旅。

小辰さんは締め込み。文句なく演じ分けが巧みな入船亭の芸です。そのうえに笑いを載せようという気概を感じてます。

貞鏡さんは明智左馬之助の湖水渡り。さすがプリンセス、若いのに堂々たるものです。

宮治さんの百川では爆笑。意欲的に古典に精進して、その可能性を広げてます。

志の春さんはだいじなもの。志の輔らくごを継ぐ心あたたまる作品です。