ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

口跡よい志ん吉さんの阿武松

今日は研精会です。

市助が小町から道潅。復帰してよかったです。

宮治さんは持参金。もちろんグイグイ爆笑です。ところで、吉川さんて潮さんですか?

小辰さんは代脈。ようかんまわりの銀南がいい感じにキレてます。

夢吉さんは蛙茶番。落ち着いて笑いをとる腕が見えました。真打ちももうすぐですね。

龍馬師は辰巳の辻占。まず、いなせな叔父さんでぐっとつかみます。そして、二号の埋め立てでの身投げ(石投げ)は珍しく、新鮮でした。

志ん吉さんは阿武松。言い立てがきれいで、淀みのない美しい口跡が光りました。齢を重ねて関取や旦那がどう深まるか、楽しみです。