ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

夢花師の反対俥が大ウケ

今日はしのばず寄席です。

喜太郎が雑俳。きょろっとして噺家向きの顔かな。

トリを夢花師と代わった歌助師はラーメン屋。人情味あふれる噺は、熱い心の師匠にぴったりです。

幸之進さんは岸流島。師匠の持ち味の平明な語りが徐々に乗り移ってきました。

一矢さんの甚句は浮き雲。いい詞です。

夢花師は佐渡おけさのマクラから反対俥までトリを熱演です。そりゃあもう、思いっきりウケまくりました。