ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

昇々さん禁酒番屋で真っ向勝負

今日は四合わせ二ツ目会の町屋お笑い寄席です。地元なんで熱烈応援します。

志ん吉さんは辰巳の辻占。きっぱりしっかりは持ち味です。そこに辰巳の空気感が漂うまでもう少しです。

はな平さんはほのぼの風流に茶の湯。どんな噺も三丁目の夕日みたいにほっこりしちゃう、僕の好きな‘陽だまりの噺家’さんですよぉ~。

八ゑ馬さんは新聞記事。元々の上方では阿弥陀ケ池って呼ぶんですね。具だくさんで江戸の何倍も笑えます。

昇々さんは禁酒番屋。なんと真っ向勝負の本寸法(研精会用?)でした。得意の切迫した顔を抑えると、(イケメンが効いて?)これだけ表情豊かに演れるんですね(この調子でいいじゃん)。おみそれしました。