ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

市楽さんの立派な中村仲蔵

今日は研精会です。

市助が子ほめ。

披露目も大詰めの龍馬師は後生鰻。お子さんが生まれた時刻に福袋演芸場で演じていて楽屋で顰蹙をかった噺とのことです。

宮治さんはたらちね。僕には押し出しが効いて勢いがあって面白い。だけど、周囲のご高齢のお客さんたちは「早口すぎて何を言っているか聞きとれない」と言っていますので、お知らせしておきます。

志ん吉さんは夢の酒。ご結婚おめでとうございます。お子さんも生まれるとのことで、気合いの入った高座でした。

こみちさんは安兵衛狐。幽霊は美しく、狐は可愛く、そしてどちらも色っぽかったです。これは新境地かもしれません。

市楽さんは何と中村仲蔵。芝居好きと聞いていたけれど、これだけ五段目と定九郎を精緻に描けるとは驚きです。がらっ八や熊が似合いと思っていたけれど見直しました。

龍馬師の後は、もしかして会場でチケットを売っていた正太郎さんですか。この間の福袋の三方一両損もよかったので楽しみです。