ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

正太郎さん 滑稽な三方一両損

福袋演芸場は1981年生まれ集合の会です。

一蔵さんは短命。ダイナミックなんだけど、工夫するところはなかなか繊細に計算ができているとみました。

ぴっかりさんは金子成人から小朝師に贈られた元禄女太陽伝。しかも地噺なんで演りにくい。やっぱり小春がかわいくなってたのが、よかった。

正太郎さんは三方一両損。江戸っ子ぶりをストレートに滑稽に誇張して笑いをとるのは意外に少ない。クライマックスの裁きを重くしちゃうから。もちろん客席は爆笑です。

市楽さんは夢金。寒さとか哀愁はともかく、船中の熊を心意気たっぷりに威勢よく盛り上げました。

お仕舞いは、楽屋の喬之進さん、鬼〆さん、八ゑ馬さんも出てきて、今年の福袋演芸場の手締めとなりました。