ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

べ瓶さんのおいしいふぐ鍋

今日はほくとぴあ亭。毎回満席です。

鯉〇が新聞記事。しっかり客席をあっためました。

市弥さんは湯屋番。若旦那の粋な面を押していて、どこかしっとりしています。

A太郎さんは井戸の茶碗。奇妙な登場からして堂々。王子は今どきAさまブームですか。

こはるさんは権助魚。権助をあえて豪快に、女将の嫉妬を繊細に、力いっぱい演じ分けます。

べ瓶さんはふぐ鍋。上方は筋がわかりやすい。それにしてもじつに旨そうに喰ってくれます。おばちゃんたちからよだれが出てました。