ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

志ん弥師、正真正銘の抜け雀

今晩は国立演芸場中席夜です。

フラワーが元犬。

ちよりんさんは本膳。演者のもつあったかさと、のどかな田舎の雰囲気がいい感じです。

菊太楼師はざる屋。少し荒んだ調子のいい男の具合が何ともいえない楽しさです。

マギー隆司さん。

琴調師は寛永三馬術より曲垣平九郎の度々平住み込み。腰のある語りに度々平が愉快痛快です。

馬楽師は千早ふるに寄席踊り。穏やかな表情と老舗の味の語りに心がほっこりしてきます。

笑組さん。

圓太郎師は親子酒。マクラはおなじみ東大出の外交官。無駄をそぎ落とした洗練された酔っ払いぶりに感心しました。

太神楽の翁屋勝丸さん。

志ん弥師は抜け雀。本寸法よりスゴい、絵師の親子も宿の夫婦もくっきり生きている、正真正銘の古今亭の抜け雀でした。